2006年03月22日

2006.3.22 ADIEMUS(アディエマス) @Bunkamura オーチャードホール



アディエマスが、コンサート!?

アディエマスといえば、エニグマのように
作り込まれたサウンドの、プロデュース作品。
という印象があったので、コンサートというのは
正直ピンとこなかった。
しかし、どんなライブなのか、とても興味があったので
行ってみることにした。

雨の渋谷、文化村。2003年のイブライム・フェレール以来だ。

照明の暗転とともに、カール・ジェンキンスが登場。
鐘の響きとともに、コンサートが始まった。

一曲目から、9人のアディエマス・シンガーズによる
厚みのあるコーラスで、ホールが埋め尽くされる。
寸分違わぬ、呼吸とピッチは、驚嘆以外の何ものでもない。

このハーモニーが、生で奏でられているというだけで涙が出そうになる。

もうひとつ、驚いたことがある。
何気なく聴いていたADIEMUSのCDだが、
その包み込むようなサウンドから、
シンセ中心の、サウンド構成だとばかり思っていた。

しかし、このコンサートはストリングス中心のオーケストラと
パーカッションという構成。
どんなサウンドになるのか、とても興味があった。

しかし、今ホールに響いている音は、CDのサウンドそのままだった。
そう、シンセだと思っていたサウンドは、
実はアディエマス・シンガーズによる、コーラスによるものだったのだ。

この演奏を、支えているもののひとつにパーカッションがある。
グルーヴ感溢れるリズムは、独特の雰囲気を醸し出す。

ストリングスとパーカッションの演奏に、分厚いコーラスが重なる。
確かにここにブラスが入ると、お腹いっぱいな感じがしてしまう。
ここにカール・ジェンキンスのプロデュースセンスが光る。

ストリングスの音色は、エッジが立っていて
乾いた感じのする、クラシックとはまた違った力強い響き。

このコンサート、尺八の藤原道山氏もゲスト出演していた。
アディエマスでは、特徴的なリコーダーが吹かれているので、
なるほど、尺八も違和感なく演奏にとけ込む。

聴いているうちに、自然と映像が浮かぶ音楽は大好きだ。
自然と精神がどこかにトリップする。健全なトリップだ。
浮遊感のある状態。α波とかが充満している感覚。

アンコールでは、「さくら」をアディエマス・シンガーズがアカペラ演奏。
琴線に響くハーモニーは、奇跡としか言いようがない。
この9人だからこそ奏でられるハーモニーという儚さが、桜のそれと重なる。
まさに、この瞬間しか聴けない演奏である。
コーラスではない、演奏である。

外は春にもかかわらず、冷たい雨だったが
とても幸せな時間を過ごすことができた。
期待していなかったと言っては失礼だが、
見事に180°以上裏切られた形となった。

何事も百聞は一見にしかずだと思っているが
今回は百聞は一聴にしかずといったところか。
素敵な演奏をありがとう。

ベスト・オブ・アディエマス
ベスト・オブ・アディエマス
posted by taka at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。