2006年04月15日

2006.4.18 ジャック・ジョンソン @幕張メッセHALL9



京葉線、海浜幕張の駅を降りてしばらく歩くと
もうすでにホールに向けて、長蛇の列が連なっていた。

開演時間まで、もう少し。
間に合うかギリギリのところだった。

ところが、ホールのエントランスに入っても、飲み食いしている人が多い。

もう始まっちゃうよ。
と思いながらホールへ急ぐと、タイムスケジュールが掲示されていた。
18:00〜 Matt Costa
18:40〜 ALO
19:55〜 JACK JOHNSON

ということで、ホール内に用意されている
出店でビールとスナックを調達し、のんびり過ごす。

客層は、日本でのライブにしては、外国人の比率が、非常に高かった。

Matt Costa
アコギ一本で登場し、淡々と歌ってゆく。
ジャック・ジョンソンと似たサウンドが心地よい。

ALO
アコースティックサウンドながら、シンセを絡めた演奏が
独特の浮遊感を、醸し出している。
ここでジャックが一曲だけゲスト出演。
会場は大いに盛り上がる。

JACK JOHNSON
ビール片手に立ち話のイギリス人も、ジャックの登場と同時に
ステージホールに押しかける。
本日のメイン・アーティストの登場だ。

とにかく意気込んでない感じが良い。
ALOにゲスト出演したときと、同じTシャツでの演奏。
まさに自然体とはこのことだ。

特にオーディエンスを煽るわけでもないが、
一曲ごとに大いに盛り上がる。
オーディエンスがジャックの音楽を本当に楽しんでいる。
音楽の神様が上からのぞいているような、
とても充実した空間に包まれていた。

MCでジャックは日本語を多用していた。
10年以上日本にいるジーコよりは、確実に理解している。
たどたどしくも、日本語でメンバー紹介する彼に、非常に好感が持てた。

爆音を鳴らさないと、ライブは盛り上がらないと思っている
アーティストもいるが、それは間違いだ。
音楽はもっと心に響くもので、音量は関係ない。
そういうアーティストは、爆音がないと、ただ不安なのだ。

開演から4時間に渡るイベント。
ミニフェスのような感じで、とても楽しめた。
もしまたジャック・ジョンソンのライブに参加できるなら、
波の音が聞こえる場所で、というのは贅沢な注文だろうか。

posted by taka at 23:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | ライブレポート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。