2006年05月09日

2006.5.9 アンジェラ・アキ @Shibuya-AX



一聴して誰なのかわかるアーティストはそう多くない。
ましてや新人となればなおさらだ。

CDショップでHomeを試聴したときから、
一度は生で聞きたいと思っていた。
外国人風の外見から歌い出される「ふるさと」
の言葉が妙に耳に引っ掛かっていた。

ファイナルファンタジー12のテーマソングに抜擢され、
CMでもその声を耳にすることが多くなり、
日に日にテレビやラジオ、雑誌等のメディアで目にすることが多くなった。

そんな待ち遠しく思ったライブが、始まった。

ステージ上には反響板を取ったグランドピアノ。
鍵盤は客席から見て右側に位置していた。
クラシックのコンサートとは逆の位置で、ちょっと違和感があるが
POPSのライブということで演出のひとつなのだろう。

アンジェラアキが登場し、ピアノを少し弾いてから一曲目が始まった。

ピアノの伴奏に対してヴォーカルのバランスが少し大きいように感じるが
今日が初めてのワンマンライブとは思えないアンジェラアキの、
堂々とした歌いっぷりで、そんなことも気にならない。

ちょっと残念だったのは、ピアノの低音部にずっとノイズが乗っていた。
バンドライブならまだしも、ピアノの弾き語りではありえないことだ。

とにかくどの曲も伸びやかに歌い上げる。
これだけ歌えるアーティストは、他に数少ない。
言葉というよりソウルが伝わってくる。
一種のソウルミュージックとも言えそうだ。

そしてMCでは、よくしゃべる。
徳島出身だそうで、関西なまりで流暢に喋り、
観客を笑いで乗せて、ライブの流れを作っていくあたりは
とても新人とは思えない。

曲の中で、オーディエンスに歌わせるのもとても上手い。

ピアノの弾き語りライブでよくありがちな。
演奏〜拍手〜挨拶
の地味な流れを想像していただけに
良い意味で裏切られた。

観客が歌うことを許されたライブは、自然と独特の空気に包まれてゆく。
もうすっかりアンジェラ・アキのペースとなった。

類い希な歌唱力と、本人のキャラクターが際だつMC。
今後はもっと広いホールで、チケット入手困難になってゆくことは
容易に想像できる。

1. 空はいつも泣いている
2. Rain
3. Will You Dance
4. We're All Alone
5. Warning
6. Santa Fe'
7. TODAY
8. 愛するもの
9. This Love
10. Like a Virgin
11. 奇跡
12. 心の戦士
13. MUSIC
14. Kiss Me Good-Bye
-EN-
EN1. TRAIN TRAIN
EN2. HOME

アンジェラ・アキ/HOME
【CD】アンジェラ・アキ/HOME<2005/9/14>
posted by taka at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | ライブレポート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。