2006年08月01日

2006.7.31 KT タンストール @渋谷クラブクワトロ



KT TUNSTALLを初めて聴いたのはJ-WAVE。
ファンキーなアコギのカッティングに、スモーキーな声。
パンチのある楽曲に思わず聴き入った。

ふと立ち寄ったHMVで「大型新人」のPOPが踊っていた。
試聴するとラジオで聴いた声だった。
新人離れした声に改めて驚いたが、年齢を見て納得した。

そんなKTのクワトロでのライブ。
フジロックにも出演していたが、小さいハコでのライブにも期待が高まる。

一曲目は今日手に入れたというアコギを抱えての演奏。
ホースとチェリーのインレイが、クール&クレイジーだと喜んでいた。
奥行きのある声が、会場を圧倒する。

KTはサンプリングペダルを多用し、ギターのボディを叩く音でループのリズムを作り、その上に自分の声を重ね、コーラストラックを作り上げる。
この即興とも言える手作りのリズムトラックが、独特のグルーヴを巻き起こす。

曲の入りで何度かやり直しがあったが、KTのキュートなMCで場の空気をつなぐ。
そんなアットホームなやりとりも、ステージと客席の距離をぐっと縮めた。

KTの楽曲はどれも個性的な曲が多い。
ベーシストはチェロも弾きこなし、キーボーディストはトランペットを吹く。
5人による演奏とは思えないバラエティ豊かな音色がステージに溢れた。

控えめなギタリストと、背の高いベース。
パンクなドラムとイカれたキーボード。
5人のバンドが完全にグルーヴする。

一曲ごとの鳴りやまない拍手と歓声が、このライブの成功を物語っていた。


-セットリスト-

1. Other Side of the World
2. Miniature Disasters
3. Under the Wheather
4. Another Place to Fall
5. Universe & U
6. Black Horse and the Cheree Tree
7. Silent Sea
8. Dirty Water *(New Song)
9. False Alarm
10. Heal Over
11. Stoppin the Love
12. Suddenly I See

(Encore:)
13. I Want You Back *(Jackson 5's Cover)
14. One Day *(New Song)
15. Through the Dark

※東芝EMIより引用

EYE TO THE TELESCOPE/KT TUNSTALL
posted by taka at 21:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | ライブレポート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。