2006年09月22日

2006.9.22 高鈴 @原宿|Blue Jay Way



唄を愉しむゆったりとした時間。

高鈴のライブはゆったりしている。
演奏もMCもゆったりとしている。

アコギ、ガットギター、ピアノを一人で順に演奏する山口。
シンプルな演奏にふわっとメロディを乗せてゆく高稲。
演出を一切排除したステージからは、純粋に音楽に向かう姿勢が滲み出ている。
心地よい音楽だが、それを決してBGMとして終わらせない高稲の唄の存在感がある。

派手なインパクトこそ無いが、引き込まれる。
とにかく、唄に引き込まれる。

MCのまったりとした感じは、味と言えば味だが、
せっかく足を運んでくれたお客さんのためには、
演奏に加えてステージ構成も工夫があると、より良くなるのではないかと思う。
最後の一曲だけオケのついた「真夜中の後悔」はちょっと浮いていた。
オケを付けるならもう数曲つけるとか、つけないなら全部付けない方が構成のバランスが良い。

高鈴を聴きながら飲むお酒は、どんなお酒でも美味しくなる。
酒の肴にするのはもったいない気もするが、
とにかく美味しく飲めるのだから仕方ない。
今夜はどんなお酒にする?

いろどおり|高鈴
posted by taka at 23:08 | Comment(17) | TrackBack(0) | ライブレポート

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。