2006年09月18日

2006.9.18 SOUL JAPAN REVIEW @shibuya BOXX Vol.9



出演/「DOWN-HAN'Z」/「Beatica」/「マチエール」/「C7」/and more/司会進行/ドラムカン

ライブイベントで気になるのは、バンド転換のときの間。
このイベントは司会進行が間をつなぎ、イベントとしてのまとまりをうまく演出できている。
日を追うごとに成長するイベントに今回も期待したい。


「Beatica」
シンセを駆使したサウンドでハードながら重くない。
アレンジも凝っていて、一曲ごと聴くのが楽しみだ。
シンセ+ディストーション+女性ヴォーカル
というのがとても良いバランスでマッチしている。
もう少しVoが全面に出ると、もっと良いバンドになると思う。

「マチエール」
ひとりになって初めてのマチエールとしてのライブ。
ピアノとアコギのサポートを加えた、三人編成のアコースティックなライブ。
芯のあるヴォーカルで一曲一曲を丁寧に唄ってゆく。
今回はサポートの演奏が素晴らしさが目立った。
ヴォーカルとサポートは素晴らしい。
あと必要なのはそれを支える楽曲だろう。

「C7」
今日でC7としての活動を停止する解散ライブ。
それだけにメンバーとファンの思いがこもった素敵なライブとなった。
今までの活動を振り返るビデオクリップからのオープニング。
ダンサー3人とヴォーカル3人が作るステージは、それだけで存在感のあるステージになる。
声質の違うヴォーカルで楽曲に奥行きが出るのはC7ならでは。
ダンサーとの息もピッタリ合っていた。

解散は本当に残念だが、次のプロジェクトも始まっている。
Pee or Booとしての活躍にも期待しよう。
posted by taka at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブレポート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24205442
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。