2006年02月14日

東京事変/大人(アダルト)



東京事変/大人(アダルト)

結局は椎名林檎である。
メンバーが入れ替えになったりと決して順風満帆ではない東京事変だが、
椎名林檎の存在感を考えればそんなことは大した問題ではない。

バンド編成になったことでレトロモダンな香りが良い感じで抑えられて
まさに現在の日本の最先端とも言えるサウンドを作り上げている。
そう時代にフィットしているのだ。

椎名林檎名義の作品に比べるとバウンドサウンド寄りにはなっているが、
相変わらずコンプかけすぎのペタペタな音になってしまっているのは残念だ。

彼女の素晴らしいところはその歌詞のボキャブラリー。
言葉の選び方には頭の下がる思いだ。
下手すると初めて耳にする単語もある気がするが
ー短夜半夏、嘘を眩むとぞー
言葉の響きと同じく目で見ても歌詞を楽しめる。

曲ごとのイントロのSE等アルバムとしての流れも抑揚があって面白い。
一曲一曲が聴き捨てられていってしまうような昨今だが
是非アルバム作品として聴きたい一枚である。


東京事変/大人(アダルト)
CD購入
【CD】限>大人(アダルト)【DVD付初回限定盤】 / 東京事変

2006.1.25
1.秘密
2.喧嘩上等
3.化粧直し
4.スーパースター
5.修羅場 adult ver.
6.雪国
7.歌舞伎
8.ブラックアウト
9.黄昏泣き
10.透明人間
11.手紙
posted by taka at 04:33 | Comment(0) | TrackBack(2) | 邦楽CDレビュー

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。